Column

家づくり

十津川村材について

2019年1月28日

社長のコラム十津川産材について全てのコラム


雑用が主でたまに代表をしています 松葉です。

 

新しいホームページを昨年末に作ってから早や1ケ月が経とうとしているのにコラムアップが遅くなってしまい皆様方にはご迷惑をおかけしております。(誰も期待していないかもしれませんが、、、)

 

スタッフがコラムを書いてあるのを横目に満を持して只今コラム執筆中です。(雑用が忙しくてコラムを書いている暇がなかった…とは 世間一般の常套文句ですが、今回はそうではなく順番です。)☜〖〗言い訳

 

 

それでは 今回は十津川村産材について少しだけ書きます。

新しいホームページのトップページに『十津川村の木を使った木暮らしのススメ』とあります。

そして『私たち建築工房和-nagomi-は、奈良の気候風土に合った長く住まうことのできる家づくりをするために、奈良・十津川村産の木を使った木の家を建てています。人にも環境にも地域にも優しい木暮らし、はじめてみませんか?』ともあります。

 

今の建築は外国産材(ホワイトウッド・米松等)を使った家造りが主となっています。外国産材を使う事のメリットは国産材を使う事より広く流通しているので当然単価が安いです。北米・北欧・北洋等からかなりの輸送距離を使っても単価が安いのです。

対して国産材は外国産材よりも1~2割程度高いのが現状です。

山主さんが自分の山の木を伐って売りに出しても20~30年前に比べて安いと言われている現状なのに、なぜ国産材が外国産材よりも高いのか……………..  それは流通にあります。

日本の木は 伐採業者・運搬業者・市場・仲買人・加工業者・木材業者等 色んな業者が間に介在します。

それはコストアップにつながる事なのです。

 

十津川村では流通の見直しを図って

山(十津川村森林組合)⇒工務店⇒施主

と流通を大幅に見直して『産直住宅』を展開しています。

 

 

 

 

外国産材は輸送に多くのCo2を排出します。奈良・近畿地方で十津川村の木を使って家を建てる(輸送距離が短い)と言うことは、Co2をあまり排出せず、地球温暖化防止につながる事でもあります。

 

次回のコラムでは十津川産材の良さについて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

奈良の注文住宅なら十津川産無垢材を使った
工務店で高気密高断熱住宅を

建築工房 和 -nagomi-

本社 〒639-0276 奈良県葛城市當麻367-2

支社 〒637-1222 奈良県吉野郡十津川村山天172

TEL : 0745-60-2302 / FAX : 0745-60-2303

営業時間 : 09:00~18:00 定休日 : 木曜日

資料請求はこちらから >>>

【 施工範囲 】奈良県

葛城市/奈良市/大和郡山市/大和高田市/天理市/橿原市/桜井市/五條市/御所市

生駒市/香芝市/平群町/三郷町/斑鳩町/安堵町/川西町/三宅町/田原本町/高取町

明日香村/上牧町/王寺町/広陵町/河合町/十津川村/吉野郡

大阪府東部/京都府南部/和歌山県北部/三重県西部

Pick Up

オススメコラム

2019年1月30日

資金計画について全てのコラム

消費税10%へ増税の経過措置

事務所で平日よくお電話をお受けしている 釼持(けんもち)です。   2019年10月1日 消費税率が 8%→10% […]