Column

家づくり

UDのはなしをしよう(1)

2019年2月2日

全てのコラム

ひっそりと和のSNSの更新もしている尾藤です

今回からUDのお話をしようと思います

 

さて、世の中にジワジワと浸透しつつあるこの「UD」という言葉。

ああ、UDね!( ´∀`)

という人もいれば

UD?ウシのダンス?(゚∀゚)

という人もいるかもです。

これは、ユニバーサルデザイン(Universal Design)の略でして

頭文字を取ってUDと呼ばれています。

 

じゃあ、ユニバーサルデザインって何かと言いますと

できるだけ様々な人にとって、まちやものを使いやすくする(デザインする)ことを言います。

「年令、性別、能力、体格、ハンディなどの多様な環境、条件にかかわらず、どんな人でも利用できるように」

という一貫した考え方のもとで

まち、もの、情報、サービスなどをデザインしていくプロセスを指します。

(この考え方に基づいてつくられたまちやものを指して言ったりもします。)

デザインする上での基準になる

「ユニバーサルデザインの7原則」という7つのルールなんてものもちゃんとあります。

原則1 誰でも公平に利用できる

原則2 使う上で自由度が高い

原則3 簡単で直感的に利用できる

原則4 必要な情報がすぐに理解できる

原則5 単純なミスが危険につながらない

原則6 身体的な負担が少ない

原則7 十分な大きさや空間がある

 

UDは、わたしたちが生活するさまざまな場所や状況にかかわるものなので

建築、住宅、交通、まちづくり、工業製品、日用品、情報など、多くの分野で

その考え方が取り入れられています。

一番身近なものだと、リンスと区別するために設けられたシャンプー容器の凸凹が挙げられるでしょうか。

自動ドアもユニバーサルデザインなものになりますね。

そういえば、

近頃では「身障者トイレ」という言葉が消えつつあることにお気づきでしょうか?

この「身障者トイレ」ですが、今では「多機能トイレ」と呼ばれることが一般的になってきています。

(初めての音声案内で「滝のおトイレ」と聞き間違えた人は僕だけではないはず)

この「多機能トイレ」もUDなものになりますが、機能的には「身障者トイレ」と何も変わらないのに

なぜ呼び名が変わっただけでUDになるのか?

というところに、以前お話したバリアフリーとの違いが感じられて面白いです。

 

さて、何が違うかというと…..次回へつづく| ゚д゚)

 

奈良の注文住宅なら十津川産無垢材を使った
工務店で高気密高断熱住宅を

建築工房 和 -nagomi-

本社 〒639-0276 奈良県葛城市當麻367-2

支社 〒637-1222 奈良県吉野郡十津川村山天172

TEL : 0745-60-2302 / FAX : 0745-60-2303

営業時間 : 09:00~18:00 定休日 : 木曜日

資料請求はこちらから >>>

【 施工範囲 】奈良県

葛城市/奈良市/大和郡山市/大和高田市/天理市/橿原市/桜井市/五條市/御所市

生駒市/香芝市/平群町/三郷町/斑鳩町/安堵町/川西町/三宅町/田原本町/高取町

明日香村/上牧町/王寺町/広陵町/河合町/十津川村/吉野郡

大阪府東部/京都府南部/和歌山県北部/三重県西部

Pick Up

オススメコラム

2019年1月30日

資金計画について全てのコラム

消費税10%へ増税の経過措置

事務所で平日よくお電話をお受けしている 釼持(けんもち)です。   2019年10月1日 消費税率が 8%→10% […]