Column

家づくり

753FURNITURE家具の塗装について

2019年2月18日

家具職人のコラム全てのコラム

753FURNITURE 家具製作の坂田です。

先週は見事にインフルエンザにかかってしまいました。

皆様大丈夫でしょうか?

 

前回は「カネが大事なはなし」を753FURNITUREのサイト書かせてもらいました。もしよかったらのぞいてみてください。

今回は家具の塗装について。

家具塗装は一般的に、ウレタン仕上げ多いかと思います。ウレタン樹脂を使った光沢があり表面が固くなるものですね。

これは、比較的安価で仕上がりの光沢感もあり(塗装方法にもよりますが)ぱっと見の高級感は出ると思います。

ですが、私はあまり使うことがありません。というのも、うちの家具は杉やヒノキがメインです。

ですのでどうしても、柔らかく傷がつきやすいのです。では、表面が固くなるウレタンは最適に思うかもしれませんが、おすすめは致しません。

表面の質感がウレタンのものになってしまい、質感が違うものになるのです。

また、いくらウレタンが固くなるといっても、表面に乗っているのはせいぜい、コンマ数ミリ。

ベースが固い木であればよいのですが、柔らかい杉ですと、やはり簡単に凹みが出来てしまうのです。

で、その凹み部分を補修しようとしてもうまくできないんです。どうしても違和感の出る仕上がりになってしまいます。

 

753FURNITUREでよく使うのはオイル系です。

自然塗料に分類されるもので、植物系のオイル(亜麻仁油など)をベースに天然樹脂や顔料を入れ乾燥性を高めたものになっています。

この自然塗料は、木に浸透して固まる性質があり、木の呼吸を妨げない特徴があり、木の風合いがでる濡れ色に仕上がります。光沢はほとんどなく「3分つや」くらいでしょうか?塗料にもよりますが。

また、傷がついた際も補修がしやすく、紙やすりで傷をぼかし、同じ自然塗料を塗布し、ふき取ることで完了です。最初は削った部分に違和感がありますが徐々に(数週間単位で)なじんでいきます。

この自然塗料は安全で子どもが舐めても安全なものを使用していますが、やはり手入れが必要ではあります。

具体的には、表面がけば立ってきたように白くなってきたら、オイルを追加で塗ってあげるのがよいですね。

薄く塗り広げ、ふき取ることで完成。1日ほど乾燥させれば使用可能です。

また、撥水性能という意味ではやはり少し弱いので、水をこぼしたらできるだけ速やかにふき取るのが理想です。

 

他にも、ガラス塗料というものも使うことがあります。

これについては次回書いてみたいと思います。

では!

奈良の注文住宅なら十津川産無垢材を使った
工務店で高気密高断熱住宅を

建築工房 和 -nagomi-

本社 〒639-0276 奈良県葛城市當麻367-2

支社 〒637-1222 奈良県吉野郡十津川村山天172

TEL : 0745-60-2302 / FAX : 0745-60-2303

営業時間 : 09:00~18:00 定休日 : 木曜日

資料請求はこちらから >>>

【 施工範囲 】奈良県

葛城市/奈良市/大和郡山市/大和高田市/天理市/橿原市/桜井市/五條市/御所市

生駒市/香芝市/平群町/三郷町/斑鳩町/安堵町/川西町/三宅町/田原本町/高取町

明日香村/上牧町/王寺町/広陵町/河合町/十津川村/吉野郡

大阪府東部/京都府南部/和歌山県北部/三重県西部

Pick Up

オススメコラム

2019年1月30日

資金計画について全てのコラム

消費税10%へ増税の経過措置

事務所で平日よくお電話をお受けしている 釼持(けんもち)です。   2019年10月1日 消費税率が 8%→10% […]