Column

家づくり

高気密の家について

2019年3月25日

断熱気密について全てのコラム

こんにちは。寒の戻りがつらい熊谷です。

今回は、前回お話しさせていただいた断熱気密性能の話の続きで、高気密のお話をさせていただきます。


日本では、昔から「家造りは夏をむねとすべし」という考え方で、夏向きの風遠しのよい開放的な家造りを大切にしてきました。部屋通しは建具で仕切り、できるだけ風遠しの良い家造りです。閉鎖的な高気密高断熱な家なんてどうなん?という感じです。

今でも、気密性は高めない方が良い。高断熱、中気密の家が良いとか・・・いう考えもあります。

和では、高断熱高気密の家を目指しています。家造りを計画していると聞くことがあると思うのですが、C値をできるだけ小さくすることを心がけています。


C値とは・・

相当隙間面積のことです。建物全体にある隙間面積(㎠)を延べ床面積(㎡)で割った数値で、建物の機密性能の指標になります。C値の値は気密測定を行い測ります。数数値小さいがほど優れた気密性をもつ建物になります。

平成11年に改正された「次世代省エネルギー基準」では、C値の基準が決められていました。北海道などのⅠ地域で2、関西などのⅣ地域では5でした。和では、北海道の基準以上の1以下になるように施工をしています。目標は0.5以下です。

 

高気密の家を作る理由は

・気密性能が高いと隙間風がなくなり、省エネ性能があがる

・壁体内への空気の流れがなくなり、壁体内結露を防止できる

・計画換気の性能を保持できる

・家の中での温度差がすくなくなる

・外気汚染物質の侵入が防止できる・・・などです。

 

かといって風通しの良い家を否定している訳ではありません。

季節の良い時、お掃除されるときなどは、窓を開けて暮らしたいものです。

和では、風の通りを考えながらプランさせていただいています。

 

和では、できるだけ気持ちの良い空間で暮らしていただけるように家造りをしています。

奈良の注文住宅なら十津川産無垢材を使った
工務店で高気密高断熱住宅を

建築工房 和 -nagomi-

本社 〒639-0276 奈良県葛城市當麻367-2

支社 〒637-1222 奈良県吉野郡十津川村山天172

TEL : 0745-60-2302 / FAX : 0745-60-2303

営業時間 : 09:00~18:00 定休日 : 木曜日

資料請求はこちらから >>>

【 施工範囲 】奈良県

葛城市/奈良市/大和郡山市/大和高田市/天理市/橿原市/桜井市/五條市/御所市

生駒市/香芝市/平群町/三郷町/斑鳩町/安堵町/川西町/三宅町/田原本町/高取町

明日香村/上牧町/王寺町/広陵町/河合町/十津川村/吉野郡

大阪府東部/京都府南部/和歌山県北部/三重県西部

Pick Up

オススメコラム

2019年1月30日

資金計画について全てのコラム

消費税10%へ増税の経過措置

事務所で平日よくお電話をお受けしている 釼持(けんもち)です。   2019年10月1日 消費税率が 8%→10% […]