Column

家づくり

下地の重要性

2020年4月1日

全てのコラム

こんにちは。コロナの影響が収まるどころか広まりを見せていることにより一層注意して体調管理、衛生管理をしていかねばと思う今日この頃です。現場監督の松葉です。

 

現場監督をやっている際によくお施主様から壁にちょっとした小物の取り付けをよく依頼されます。

しかし、いざ取り付けてみようとするも下地がなく柱や間柱を探しての取り付けとなり結果としてお施主様の希望の位置と離れたところに取り付けをすることがあったりします。

 

ですので今回は「下地の重要性」ということで下地についてです。

 

壁の内側を見てみると写真のように主に柱と間柱と断熱材が入っています。(窓がある場合ですとその周りに窓枠部材とカーテンレール下地があります。)

 

 

 

写真を見てみると壁面積に対して取り付けることが出来る下地が少ないのが分かります。

何故下地が必要なのかと言いますと、多くの場合この上に石膏ボードを貼り、クロスや漆喰で仕上げを行いますが、取り付けるビスや釘が柱に当たらず石膏ボードのみにあたりそこから抜けたり場合によってはボードが崩れてしまいます。(石膏ボードの主成分は石膏なので非常にもろいためビスや釘を支えることが出来ません。)

 

ちょっとした小物を取り付ける際には壁にボードアンカーなどを使い取り付けることが出来ますが、

棚や姿見などを取り付ける際にはやはり下地にばっちりと付ける必要があります。

 

ですのでこれからお家を建てる際には1度部屋の内装を想像して頂き、こういったものを取り付けたい!というのを予め決めて頂くことを強くお勧めします。

 

それでは今回のコラムはここまで。

次回をお楽しみください。

奈良の注文住宅なら十津川産無垢材を使った
工務店で高気密高断熱住宅を

建築工房 和 -nagomi-

本社 〒639-0276 奈良県葛城市當麻367-2

支社 〒637-1222 奈良県吉野郡十津川村山天172

TEL : 0745-60-2302 / FAX : 0745-60-2303

営業時間 : 09:00~18:00 定休日 : 木曜日

資料請求はこちらから >>>

【 施工範囲 】奈良県

葛城市/奈良市/大和郡山市/大和高田市/天理市/橿原市/桜井市/五條市/御所市

生駒市/香芝市/平群町/三郷町/斑鳩町/安堵町/川西町/三宅町/田原本町/高取町

明日香村/上牧町/王寺町/広陵町/河合町/十津川村/吉野郡

大阪府東部/京都府南部/和歌山県北部/三重県西部

Pick Up

オススメコラム

2019年6月15日

知っていてほしい法律について全てのコラム

内装制限について

こんにちは。最近、長い間、長かった髪の毛をばっさり切りました熊谷です。手入れ?は楽になったのですが、髪の毛がはねて、扱いに困 […]