Column

家づくり

家づくりのスタメン!必要不可欠な石膏ボード

2023年5月27日

みやしょうの現場日記

こんにちは!みやしょうです!

 

今回は、現場で使う材料シリーズ第二弾になります!

 

第二弾はお家づくりには必要不可欠な『石膏ボード』です!

 

石膏ボードとは石膏を板状に成型し、両面に厚紙を貼った建築用内装材です。

 

 

基本的な寸法は1820mm×910mmとなっています。

 

経済的にも優しいことから壁や天井などに広く使用され、家づくりには欠かせない材料になっています!

 

壁には厚さ12.5mm、天井には9.5mmのボードを使用します。

 

 

そんな石膏ボードには

①耐火性、防火性がある

②遮音性がある

③施工性が良い

等の特徴があります。

 

① 耐火性、防火性がある。という点について、石膏ボードの芯材は無機質の石膏のため、燃えません。さらに石膏ボードについてもう少し調べてみると、石膏には約20%の結晶水が安定した形で含まれているそうで、これを分かりやすく説明するとボード1枚(1820mm×910mm×12.5mm)に3kgの水が含まれているという計算になります。

 

万が一火災になり、石膏ボードが高温にさらされることになっても結晶水が熱分解し、水蒸気となり徐々に放出され温度の上昇を遅らせる働きをします。このような材料の特性によって石膏ボードは防火材料に認められています。

 

② 遮音性があるという点について、石膏ボードには音を通しにくい性質があります。さらに、重ね貼りや吸音材との併用によって非常に優れた遮音効果を得られます。

 

③ 施工性については、切断、釘打ち、ビス留め等どれも容易に施工できます。特に切断に関しては専門の道具を使わなくても、文具用のカッターでも切断することができるんです!

 

ボードを固定するビスは、際部分は150mm、中央部分は200mm間隔で留めていきます

 

仕上げの際も、漆喰やクロス貼りなど幅広い施工が可能です。

 

ただし、石膏と紙で作られているので水や湿気には強くありません。

 

そのため、キッチンや洗面脱衣室等の水回りに施工する際は、防水用のボードを使用します。

 

 

また、外壁には『タイガーEXボード』を使用します。

 

タイガーEXボードは石膏ボードに、高防水、高防カビ性能を付与した材料です。

 

高防水、高防カビ性能があることで外壁下地用耐力面材として使用できることを可能とした材料です!

 

タイガーEXボードは外壁になるので、棟上げの日に全て貼ります。

 

ボードを貼ると一気に壁や天井ができるので、各部屋の広さや天井高など実感できます!

   

 

 

 

奈良の注文住宅なら十津川産無垢材を使った
工務店で高気密高断熱住宅を

建築工房 和 -nagomi-

本社 〒639-0276 奈良県葛城市當麻367-2

支社 〒637-1222 奈良県吉野郡十津川村山天172

TEL : 0745-60-2302 / FAX : 0745-60-2303

営業時間 : 09:00~18:00 定休日 : 第1・3水曜日、木曜日

資料請求はこちらから >>>

【 施工範囲 】奈良県

葛城市/奈良市/大和郡山市/大和高田市/天理市/橿原市/桜井市/五條市/御所市

生駒市/香芝市/平群町/三郷町/斑鳩町/安堵町/川西町/三宅町/田原本町/高取町

明日香村/上牧町/王寺町/広陵町/河合町/十津川村/吉野郡

大阪府東部/京都府南部/和歌山県北部/三重県西部

Pick Up

オススメコラム

2019年6月15日

知っていてほしい法律について全てのコラム

内装制限について

こんにちは。最近、長い間、長かった髪の毛をばっさり切りました熊谷です。手入れ?は楽になったのですが、髪の毛がはねて、扱いに困 […]